ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『できたことノート』 永谷 研一 | トップページ | 『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』 藤由 達藏 »

『巨人軍の巨人 馬場正平』 広尾 晃

巨人軍の巨人 馬場正平

広尾 晃

 馬場さんがジャイアンツの選手だったということは知っていましたが、野球をやっているところは一度も見たことがなくて、それでこの本に興味を持ちました。

 1955年~59年まで投手として馬場さんはジャイアンツに在籍されていました。でも、彼は大き過ぎたのです。手が大きいのでボールをちゃんと握れなかったこと、フィールディングに問題があったこと、それだけではない理由もいろいろあって、5年間で野球を辞めてプロレスラーになったのです。

 2メートルを超す体格は、決して彼が望んだものではなくて脳の下垂体異常が原因の「巨人症」のせいだったのだそうです。その病気のために糖尿病を併発していたり、脳の中に腫瘍ができて目が見えなくなるかもしれないという危機があったり、野球選手をしながら病気と闘っていたということにビックリしました。

 彼の病気を診たお医者さんから言わせると、野球選手やプロレスラーという激しい運動をしながら60歳を過ぎるまで生きられるとは思わなかったというのです。

 大きな身体こそがジャイアント馬場の最大の個性であり、最大の悩みであったのですね。手先が意外と器用で絵を描く趣味があったり、優しい人柄から、大勢の人から惹かれた馬場さんはスポーツ選手としてだけでなく、経営者としても、人間的にも偉大な方だったのです。

 野球では芽がでなかったけれど、その時代に鍛えた身体がその後のプロレスラーとしての人生を支えていたのだということがよく分かる本でした。

1293冊目(今年11冊目)☆☆☆☆☆

« 『できたことノート』 永谷 研一 | トップページ | 『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』 藤由 達藏 »

日本の作家 は行」カテゴリの記事

伝記・日記・ノンフィクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/65258324

この記事へのトラックバック一覧です: 『巨人軍の巨人 馬場正平』 広尾 晃:

« 『できたことノート』 永谷 研一 | トップページ | 『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』 藤由 達藏 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ