ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 『BLUE GIANT 9』 石塚 真一 | トップページ | 『夜は、待っている。』 糸井 重里 »

『BLUE GIANT 10』 石塚 真一

BLUE GIANT 10

石塚 真一

 憧れのジャズクラブ「So Blue」の平さんから雪祈に凄いオファーが来た。来日する大物バンドのピアニストが急病で出演できないので、代わりに雪祈にピアノを弾いて欲しいというのだ。

 そんな大役をと驚きながらも、夢のステージに立つことになった雪祈。素晴らしいプレイだった。大物バンドのメンバーからも、平さんからも大きな評価を得た。

 平さんは決断した。これだったら大丈夫だ、大・玉田・雪祈のバンド「ジャス」に So Blue への出演を依頼してくれた。

 そして、運命の神様はどうしてこういうことをするんだろう。雪祈が事故にあって、ステージに立てなくなった。2人でSo Blue のステージに立った。いいステージだった。

 そして、大は日本を飛び出すことになった。

 1336冊目(今年54冊目)☆☆☆☆☆

« 『BLUE GIANT 9』 石塚 真一 | トップページ | 『夜は、待っている。』 糸井 重里 »

コミックス」カテゴリの記事

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『BLUE GIANT 10』 石塚 真一:

« 『BLUE GIANT 9』 石塚 真一 | トップページ | 『夜は、待っている。』 糸井 重里 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31