ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

お気に入りウィジェット

« 『BLUE GIANT 2』 石塚 真一 | トップページ | 『あるかしら書店』 ヨシタケシンスケ »

『ポーの一族 春の夢』 萩尾 望都

ポーの一族 春の夢

萩尾 望都

 40年ぶりにエドガーとアランが戻ってきました。今回の舞台は第二次世界大戦中のイギリス。ドイツから逃れてきたユダヤ人の姉弟との出会いから物語が始まりました。

 エドガーとアランは同じ場所に長く暮らすことができないのが定め。どこかで出会った人たちとも、もう会えなくなるのが定め。2人で力を合わせて生きているのだけれど、アランの心はいつも揺れていて、エドガーはそんなアランを愛しているけれど、伝えてはいけない秘密を持っていて。

 やっぱり、いいですねぇ。また何度も読み返すことになるのでしょう。

1324冊目(今年42冊目)☆☆☆☆☆

« 『BLUE GIANT 2』 石塚 真一 | トップページ | 『あるかしら書店』 ヨシタケシンスケ »

コミックス」カテゴリの記事

日本の作家 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ポーの一族 春の夢』 萩尾 望都:

« 『BLUE GIANT 2』 石塚 真一 | トップページ | 『あるかしら書店』 ヨシタケシンスケ »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ