ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

お気に入りウィジェット

« 『愛のゆくえ』 リチャード・ブローティガン | トップページ | 『花咲小路一丁目の刑事』 小路 幸也 »

『日常学事始』 萩原 魚雷

日常学事始

荻原 魚雷

 ご飯を作る、部屋を掃除する、洗濯する、そんな日常のちょっとしたことも、誰かにやってもらっていると、そこに生まれる面倒くささとか面白さとかってことに気づけないものです。自分でやるからこそ発見できることに、魚雷さんは面白さを見出しています。

 洗濯ネットのおかげで洗濯物のからみから解放されたとか、ご飯を炊いたら小分けに冷凍しておけば、ちょっと何か食べたいときに便利だとか、こういう地に足の着いた言葉を聞くと、ホントにほっとします。

 このごろ、実際に買い物に行くより通販のほうがいいとか、一人分のご飯を作るより外食のほうが安上がりだとか、何でもお金を出せばいいんだという話をずいぶん聞くようになっていて、そういうのってヤダなぁって思っていたんです。

 いくら近所にコンビニがあったって、風邪でダウンしているときには買い物に出られません。自分の身は自分で守るという意味でも、最低限の家事は自分でやるという魚雷さんの考え方は、実にまっとうだなぁと思うのです。

 日常のどうってことないこと、でもそこが大事って考えている魚雷さんの生き方はステキです。

1341冊目(今年59冊目)☆☆☆☆☆

« 『愛のゆくえ』 リチャード・ブローティガン | トップページ | 『花咲小路一丁目の刑事』 小路 幸也 »

日本の作家 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『日常学事始』 萩原 魚雷:

« 『愛のゆくえ』 リチャード・ブローティガン | トップページ | 『花咲小路一丁目の刑事』 小路 幸也 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ