ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 『花咲小路二丁目の花乃子さん』 小路 幸也 | トップページ | 『血流がすべて整う食べ方』 堀江 昭佳 »

『あ・うん』 向田 邦子

あ・うん

向田 邦子

 狛犬さん「あ・うん」を見るたびに、この物語のことを思い出していました。子供のころ、TVで見た向田邦子さんのドラマがとにかく印象深かったのです。ドラマは見たことがあったけど、小説としては読んだことがなかったなと思い、読んでみました。

 ものがたりの舞台は昭和10年代、太平洋戦争がそろそろ始まりそうな時期です。戦争の影はきっと忍び寄っていたのだろうけど、庶民生活にはさほど影響が出ていなかったころ、ある意味、かなり平和な気持ちで暮らしていたころなのでしょう。

 夫と妻と夫の親友という3人の関係が微妙な空気を醸し出しています。夫の親友の本妻さんと2号さんの関係も、こういうのは今もあるけれど、昔のほうが大らかで、それぞれの立場を尊重してたんだなと感じたりもします。

 向田邦子さんが描く世界は決して特別な人のものではなく、普通の人たちのものです。静かに暮らしているようでいて、とんでもない事件が発生して、それを淡々と片付けていく人たち、それこそが日本人の典型であるように思うのです。

1348冊目(今年3冊目)☆☆☆☆☆

« 『花咲小路二丁目の花乃子さん』 小路 幸也 | トップページ | 『血流がすべて整う食べ方』 堀江 昭佳 »

日本の作家 ま行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『あ・うん』 向田 邦子:

« 『花咲小路二丁目の花乃子さん』 小路 幸也 | トップページ | 『血流がすべて整う食べ方』 堀江 昭佳 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31