ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 『血流がすべて整う食べ方』 堀江 昭佳 | トップページ | 『エッジィな男 ムッシュかまやつ』 サエキけんぞう 中村俊夫 »

『八月の六日間』 北村 薫

八月の六日間

北村 薫

 アラフォーの雑誌編集者の女性が主人公のお話。仕事で身体と心を酷使していた時、友達から誘われたのが山歩き。最初はどうかなと思っていたのだけれど、自然に触れることで癒され、たまに山へ行くことが今では生きがいになっているのです。

 下っ端でいた頃は好きなだけ愚痴も言えたけど、ある程度のポジションになってくると、それすらも許されないっていうジレンマに囚われてしまいます。美味しい食事やお酒も、リラックスには大事だけど、現世から離れるということの大事さに目覚めてしまったのは、彼女にとってとても幸せなことだったのだと思います。

 自然は美しく、厳しく、意外性があり、魅力的なのです。でも、一歩間違えたら死と直結してしまうこともあります。自然と触れ合うことでしか出会えないことに、一喜一憂し、自分が生きているという実感を得る。それは、何よりも豊かな時間の使い方なのです。

 この本に登場した場所で、わたしが実際に行ったことがあるのは上高地だけでしたが、その描写に、行った当時の景色が目に浮かんできました。

 1人で旅に出る。そこで知らない誰かに出会うっていうのも、いい体験ですよね。そんなことを感じさせてくれる、良い本でした。この本を薦めてくださったIさんに感謝。

1350冊目(今年5冊目)☆☆☆☆☆

« 『血流がすべて整う食べ方』 堀江 昭佳 | トップページ | 『エッジィな男 ムッシュかまやつ』 サエキけんぞう 中村俊夫 »

日本の作家 か行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『八月の六日間』 北村 薫:

« 『血流がすべて整う食べ方』 堀江 昭佳 | トップページ | 『エッジィな男 ムッシュかまやつ』 サエキけんぞう 中村俊夫 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Livedoor Blog Roll