ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

お気に入りウィジェット

« 『東京 わざわざ行きたい街の本屋さん』 和氣 正幸 | トップページ | 『断片的なものの社会学』 岸 政彦 »

『築地魚河岸ブルース』 沼田 学

築地魚河岸ブルース

沼田 学

 築地市場駅から地上に出ると、たくさんのターレーがガソリンスタンドに集まっていて、これを見ると「ああ、築地に来たなぁ」と実感するのです。

 暑い日も寒い日も、築地にはターレーで疾走する人がたくさんいます。その姿を見るだけで、何だか嬉しくなってしまうわたしがいます。若い人も、年取った人も、みんなカッコよく走っています。この人たちがみんな豊洲に行っちゃうのかと思うと、何だか寂しくなってしまいます。

 築地は銀座からすぐのところにあるから、映画を見た帰りなんかにちょっと築地へ寄ってみようかなと歩いて行けるけど、豊洲だとそうはいきません。わざわざ行かなきゃならないとなると、ほとんど行かないだろうなぁって思います。

 秋葉原に会ったやっちゃば(神田青果市場)が無くなって久しいですが、あんな風に忘れられちゃうのかなぁ?それとも築地っていう場所は、形を変えて生き残るのかなぁなんて、いろいろ想像してしまいます。

 築地という地名は残るだろうけど、この写真集に登場している人たちの歴史はちゃんと残してくれるのかなぁなんてことも考えます。

 本の帯にも書かれてますが、築地で撮った写真なのに魚はちっとも写ってません。写っているのは築地を支えてきた人たち。ここで働く人たちはみんなカッコいいのです。

この本は 書評サイト 「本が好き!」 より提供して頂きました。どうもありがとうございました。

1357冊目(今年12冊目)☆☆☆☆☆

« 『東京 わざわざ行きたい街の本屋さん』 和氣 正幸 | トップページ | 『断片的なものの社会学』 岸 政彦 »

デザイン・アート・写真」カテゴリの記事

日本の作家 な行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『築地魚河岸ブルース』 沼田 学:

« 『東京 わざわざ行きたい街の本屋さん』 和氣 正幸 | トップページ | 『断片的なものの社会学』 岸 政彦 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ