ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

お気に入りウィジェット

« 『スティグマータ』 近藤 史恵 | トップページ | 『遺言。』 養老 孟司 »

『昨夜のカレー、明日のパン』 木皿 泉

昨夜のカレー、明日のパン

木皿 泉

 テツコさんのご主人の一樹さんは7年前に25歳で亡くなってしまいました。でも、テツコさんは家に残り、義父で気象予報士のギフさんと2人と暮らしています。

 一樹さんの幼なじみのタカラさん、一樹さんが高校生の時に亡くなってしまったお母さん、一樹さんの従弟の虎尾さん、ギフさんを山へ連れて行ってくれた小川さん、テツコさんのことを好きなんだけど、何処かずれている岩井さん、いろんな人がいろんな思いを秘めて生きています。

 一方的な愛(?)を迷惑と思う気持ちがテツコさんと一樹さんの共通項だったのかなって思えます。最後の章の一樹さんとテツコさんの出会い、これは衝撃ですね。一樹さんは、こういう素直な人が好きだったんだなぁ。だから、7年たっても愛は消えないんだなって思いました。

 だからこそ、テツコさんにとっては実家よりもここの方が心落ち着く場所なのです。ギフさんとは気も合うしね。血のつながりよりも、心のつながりを大事にしているテツコさんに幸あれ!!

1376冊目(今年31冊目)☆☆☆☆☆

« 『スティグマータ』 近藤 史恵 | トップページ | 『遺言。』 養老 孟司 »

日本の作家 か行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『昨夜のカレー、明日のパン』 木皿 泉:

« 『スティグマータ』 近藤 史恵 | トップページ | 『遺言。』 養老 孟司 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ