ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『ひとりでは生きられない』 養老 静江 | トップページ | 『大富豪からの手紙』 本田 健 »

『海うそ』 梨木 香歩

海うそ

梨木 香歩

 昭和の初め、人文地理学の研究者、秋野がやって来た南九州のとある島。山がちなその島の自然に魅せられた彼は、踏査に打ち込む(本書紹介文より)

 それぞれの土地が醸し出す何かが、その土地の色を決めていたのです。独特な言葉があり、独特な食べ物があり、独特な生き方があったのです。それこそが本来の地方色というものなのです。

 主人公の秋野が訪れた島は小さな島でしたが、海沿いの村と山の上の村では生活習慣などが全く違うのです。そんな違いが面白くて秋野は調査、今風に言えばフィールドワークを進めていきます。

 狩りを仕事とする訳でなくとも、ケガをしたりして亡くなった鹿やイノシシを見つければ、ありがたいという気持ちを持って食べるんです。という地元の人の話をになるほどと頷き、野の花の美しさに心奪われます。

 そんな中で耳にした「海うそ」ということば、それは時折発生する蜃気楼のことでした。海のかなたに白い城壁のようなものが見えるというのです。それを一度見てみたいものだと思いながら、秋野は毎日島の中を歩き続けたのでした。

 調査が終わってから、一度も島へ行くことはありませんでした。戦争があったり、家族ができて、仕事に追われ、でも島のことを忘れてはいませんでした。

 ひょんなことから、50年振りに島を訪れてみて、余りの変化に驚く秋野さん。いろんな思いが頭の中を巡っていきます。

 当時、なぜ島へ行こうと思い立ったか、ということもここで初めて明かされます。いろんな出来事が、人生を変えていくのです。50年振りに島へ行くことができたのも、何かの運命なのでしょう。

 こういう人生もいいなと思うのです。

1390冊目(今年45冊目)☆☆☆☆☆

« 『ひとりでは生きられない』 養老 静江 | トップページ | 『大富豪からの手紙』 本田 健 »

日本の作家 な行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/66907747

この記事へのトラックバック一覧です: 『海うそ』 梨木 香歩:

« 『ひとりでは生きられない』 養老 静江 | トップページ | 『大富豪からの手紙』 本田 健 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ