ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

お気に入りウィジェット

« 『考える耳 -記憶の場、批評の眼-』 渡辺 裕 | トップページ | 『常識は凡人のもの』 藤原 正彦 »

『金曜日の本屋さん 秋とポタージュ』 名取 佐和子

金曜日の本屋さん 秋とポタージュ

名取 佐和子

今回紹介された本は、この4冊です。

  • 誰も知らぬ 太宰治
  • ノルウェイの森 村上春樹
  • 歳月 自分の感受性くらい 茨木のり子
  • ハルさん 藤野恵美

 店長の槇乃さんとバイトの倉井くんは、書籍の展示会へ2人で東京までお出かけです。2時間半の道中、彼女とお話しできるかと期待していたのに、ずっと読書中(笑)。そんな人だけど、その後のノルウェイの森の展開は、さすが店長さんでした。

 同じ本を読んでも、それぞれ感じることは違います。それぞれの胸の中にしまってあることがたくさんあるのです。普段は誰にも言わないことだけど、同じ本を読んだもの同士が語り合ったとき、思わぬ話が展開するのです。

 そういう相手がいるのって幸せだなぁって思います。

 自分が欲しい本が必ず手に入る金曜堂さん、こんな本屋さんがあったらいいなぁ!

1398冊目(今年53冊目)☆☆☆☆☆

« 『考える耳 -記憶の場、批評の眼-』 渡辺 裕 | トップページ | 『常識は凡人のもの』 藤原 正彦 »

日本の作家 な行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『金曜日の本屋さん 秋とポタージュ』 名取 佐和子:

« 『考える耳 -記憶の場、批評の眼-』 渡辺 裕 | トップページ | 『常識は凡人のもの』 藤原 正彦 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ