ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 『これからの本屋読本』 内沼 晋太郎 | トップページ | 『カミングアウト』 砂川 秀樹 »

『インターネット的』 糸井 重里

インターネット的

糸井 重里

ぼくはポンペイの歴史研究の先生に「未来社会では、古代ローマでの奴隷にあたるのが、コンピュータになるんですよね」と訊いてみたのですが、「いやあ、その頃の奴隷にあたるのは、今のサラリーマンでしょう」と、さらっというんです。これには驚きました。(本文より)

 奴隷といっても、ローマの奴隷はちゃんと給料をもらっていたし、休みもあったし、案外今の日本のサラリーマンよりちゃんとした生活をしていたのかもしれないのです。

 嫌なことって結局は長続きしません。好きだからこそ、ずっとやり続けることができる。そう考えると、嫌々やっていることって非生産的だし、自分が辛くなるばかりだし、ちっともいいことがないんです。

 好きなことだけをやろうと決めた糸井さんは、ほぼ毎日イトイ新聞を始め、自分が好きなことを追求し続けています。そんな中で気が付いたのが、リンク、シェア、フラットということです。この3つこそが「インターネット的」なことの土台です。そこにグローバルという鍵を見つけ、「Only is not lonly」になっていったのです。

 世界のどこかにいる誰かといつでも繋がれるのだから、1人であっても決して孤独なわけではない。

 それこそが「インターネット的」なことなのだと、わたしは思います。

 いつでも、どこでも、自分がやりたいことをやる、それこそが自由なのです!

1406冊目(今年64冊目)☆☆☆☆☆

« 『これからの本屋読本』 内沼 晋太郎 | トップページ | 『カミングアウト』 砂川 秀樹 »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『インターネット的』 糸井 重里:

« 『これからの本屋読本』 内沼 晋太郎 | トップページ | 『カミングアウト』 砂川 秀樹 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31