ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

お気に入りウィジェット

« 『金曜日の本屋さん 秋とポタージュ』 名取 佐和子 | トップページ | 『フェリックスの手紙』 アネッテ・ランゲン、コンスタンツァ・ドロープ »

『常識は凡人のもの』 藤原 正彦

常識は凡人のもの

藤原 正彦

 藤原さんのことは、「世にも美しい数学入門」でしか知らなかったのですが、この本のタイトルがとても気に入ったので読んでみました。

 やっぱり数学者でらっしゃるから、論理が分かりやすいですねぇ。一見無謀な行動に見えても、ちゃんと勝算があってやってらっしゃるのだけど、奥様からは完膚なきまでに叩きのめされるってオチがいつもついていて、ユーモアの心を常に持ってらっしゃる方なんだなってことを感じます。

 そんなこと常識なのだから止めておきなさい。という言葉に、凡人はすぐに反応してしまいます。そうか、そんなことをやったら笑われてしまうのかと諦めてしまうことがとても多いのです。でも、そんなことを考えていたら、新しいことなんて何もできないのです。

 誰もやっていないから、やってみよう!そこから新しい考え方、新しいやり方が生まれるのです。そういう気持ちをいつも持っている藤原先生は、間違いなく凡人であるわけがないのです。

1399冊目(今年54冊目)☆☆☆☆☆

« 『金曜日の本屋さん 秋とポタージュ』 名取 佐和子 | トップページ | 『フェリックスの手紙』 アネッテ・ランゲン、コンスタンツァ・ドロープ »

日本の作家 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『常識は凡人のもの』 藤原 正彦:

« 『金曜日の本屋さん 秋とポタージュ』 名取 佐和子 | トップページ | 『フェリックスの手紙』 アネッテ・ランゲン、コンスタンツァ・ドロープ »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ