ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 『リタの鐘が鳴る』 早瀬 利之 | トップページ | 『新宿駅の小さな店ベルクは、なぜいつも満席なのか?』 中山 マコト »

『降霊会の夜』 浅田 次郎

降霊会の夜

浅田 次郎

 消息不明だったり、亡くなってしまったり、二度と逢えない人が大勢います。

 もし話ができても、本当は知らない方が良かったこともあるかもしれません。知って良かったと思うこともあるかもしれません。でも、ほとんどの場合は逢えずじまいなのです。

 小学生の時に死んでしまった友達のことを、主人公はずっと忘れずにいました。あの日、友達が交通事故に遭った現場にいたことも、忘れられないけれど、一緒にいた彼の父親のことも忘れずにいました。

 それから何十年も経ったある日、あなたが逢いたいと思っている人に会わせてあげましょうと言われて、知らない女性の家を訪れました。そして、あの友達の話を聞くことができたのです。

 そんなこと、わたしには起きないだろうけど、もしそんな機会があったら、話をしてみたい人が何人かいます。あの時、実はどうだったの?と聞いてみたいことがあります。話を聞いたからといって過去が変わるわけじゃないけれど、何故か心のどこかに引っかかっているものって、あるんですよね。

 久し振りの浅田次郎作品、やっぱり引き込まれてしまいました。

1428冊目(今年86冊目)☆☆☆☆☆

« 『リタの鐘が鳴る』 早瀬 利之 | トップページ | 『新宿駅の小さな店ベルクは、なぜいつも満席なのか?』 中山 マコト »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『降霊会の夜』 浅田 次郎:

« 『リタの鐘が鳴る』 早瀬 利之 | トップページ | 『新宿駅の小さな店ベルクは、なぜいつも満席なのか?』 中山 マコト »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31