ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

お気に入りウィジェット

« 『図書館の主 6』 篠原 ウミハル | トップページ | 『誰にもわかるハイデガー -文学部唯野教授・最終講義-』 筒井 康隆 »

2018年を振り返って(その他篇)

 今年、いろいろと考えるところがあって、心に決めたことがあります。それは「無理して頑張らないこと」なのです。世間では「頑張る」とか「努力する」ということが評価されます。結果はどうあれ、がんばってことがエライ!なんて言われます。

 それって、どうなんでしょうね?

 本当に好きなことだったら、無理して頑張るなんて気持ちにはなりません。やめろと言われても、寝る暇を惜しんででも好きなことならやってしまいます。

 やりたくないことを無理してやって成果が出たとしても、それをやり続けることは苦痛です。そんなことが自分にとって良いことなのでしょうか?

 好きなこと、やりたいことを、誰にも遠慮なくできるってことこそが幸せなんじゃないかしら?

 そのためには、人の目なんか気にしないということや、自分が好きなんだからやるんだよっていう気持ちを持ち続けないとね。

 これから数年は世の中が大きく変わるときです。これまでの常識はどんどん覆されていきます。そんな時に自分を失くさないことって大事だなと思います。

 2019年は、本当の意味での自分らしさと追及していく年にしていきたいなと思います。

« 『図書館の主 6』 篠原 ウミハル | トップページ | 『誰にもわかるハイデガー -文学部唯野教授・最終講義-』 筒井 康隆 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年を振り返って(その他篇):

« 『図書館の主 6』 篠原 ウミハル | トップページ | 『誰にもわかるハイデガー -文学部唯野教授・最終講義-』 筒井 康隆 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ