ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

お気に入りウィジェット

« 『箱根駅伝を歩く』 泉 麻人 | トップページ | 『引き寄せの法則』 エスター・ヒックス、ジェリー・ヒックス »

『ターン』 北村 薫

ターン

北村 薫

 ある日突然、時が進まなくなってしまったのです。1日の単位では時間は動くけれど、24時間経つとまた同じ日の同じ場所に戻ってしまうのです。どこまで遠くへ行こうと、服を着替えていても、時間がくれば同じ場所に戻り同じ服を着ているのです。

 町並みは昔通りで、お店も開いていて、でも誰もいないのです。たった1人で同じ1日を繰り返しているのです。

 そんな毎日に嫌気がさしていたある日、突然電話が鳴ります。電話の向こうにいる人と話ができたのです。そこから物語は急展開します。

 生きていくだけなら何の心配もない状態で、いくらでも時間はあるのに、その使い道が分からなくなってしまった主人公。これって、現代人の毎日であるような気がします。どうしようもない閉塞感。何をしても無駄という感じ。そこから逃れるにはどうすれば良いのか?

 不思議な物語だけど、実は自分のことを言われているような、そんな気持ちになりました。ラストは「ああ、良かった!」という感じですね。

1457冊目(今年115冊目)☆☆☆☆☆

« 『箱根駅伝を歩く』 泉 麻人 | トップページ | 『引き寄せの法則』 エスター・ヒックス、ジェリー・ヒックス »

日本の作家 か行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ターン』 北村 薫:

« 『箱根駅伝を歩く』 泉 麻人 | トップページ | 『引き寄せの法則』 エスター・ヒックス、ジェリー・ヒックス »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ