ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 『迷路の外には何がある?』 スペンサー・ジョンソン | トップページ | 『図書館の主 14』 篠原ウミハル »

『グリーン・マイル 1』 スティーブン・キング

グリーン・マイル 1

ふたりの少女の死

スティーブン・キング

Stephen King

 ラストがどうなるか分からなくするために、アメリカでは毎月1冊ずつ6か月連続で刊行されて話題となったこの本。日本でも6冊の文庫本で発売されました。その後映画化もされ、高い評価を受けました。

 舞台となるのは死刑囚を収容する刑務所。死刑を執行する場所までの最後の廊下が緑色にペイントされているので、そこがグリーン・マイルと呼ばれるようになったのです。

 第1巻では、ジョン・コーフィが何故ここへ送り込まれてきたのかが語られます。ビックリするほどの大男だけれど、とても繊細な心を持っています。でも彼は双子の女の子を殺してしまったのです。

 さぁ、これからどんな話が展開するのか楽しみです。

1486冊目(今年24冊目)☆☆☆☆

« 『迷路の外には何がある?』 スペンサー・ジョンソン | トップページ | 『図書館の主 14』 篠原ウミハル »

海外 小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『グリーン・マイル 1』 スティーブン・キング:

« 『迷路の外には何がある?』 スペンサー・ジョンソン | トップページ | 『図書館の主 14』 篠原ウミハル »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30