ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 『ウズタマ』 額賀 澪 | トップページ | 『恭一郎と七人の叔母』 小路 幸也 »

『今夜、笑いの数を数えましょう』 いとうせいこう

今夜、笑いの数を数えましょう

いとうせいこう

 いとうせいこうが、倉本美津留、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、バカリズム、枡野浩一、宮沢章夫、きたろう、この6名と笑いについて語り合う対談集です。

 セリフがおかしい、シチュエーションがおかしい、登場人物がおかしい、などなど、笑いにもいろんな種類があります。笑いを作る人たちは、それぞれの考え方で笑いを作り上げていくのですが、見ている側からは到底想像つかないくらいに、一生懸命に考えているんだなって思います。

 この本の中でも語られてましたけど、コント55号のやり方ってのは独特なんだなぁって再発見しました。

 真面目な二郎さんに理不尽な突っ込みを入れる欽ちゃんというパターンが、その後の素人を上手く使うパターンへ展開していったというのは、なるほどなぁって思います。

 そして、シティーボーイズは元々が演劇の人だから、普通のお笑いの人たちとは違って「最初から単独公演だよ」ってのも、へぇって思いました。お笑いの枠の人なら前座から始まるけど、そうじゃなかったからこそ、いきなり単独公演ってのがね。最初からかなりネタを作れていたってことじゃないですか。それはそれで凄いことですよ!

#今夜笑いの数を数えましょう #NetGalleyJP

1482冊目(今年20冊目)☆☆☆☆

« 『ウズタマ』 額賀 澪 | トップページ | 『恭一郎と七人の叔母』 小路 幸也 »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

NetGalleyJP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『今夜、笑いの数を数えましょう』 いとうせいこう:

« 『ウズタマ』 額賀 澪 | トップページ | 『恭一郎と七人の叔母』 小路 幸也 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31