ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

お気に入りウィジェット

« 『こといづ』 高木 正勝 | トップページ | 『想いであずかり処 にじや質店』 片島 麦子 »

『心のイタリアごはん 1』 野崎ふみこ

心のイタリアごはん 1

野崎ふみこ

 かつてイタリア料理店だったお店で、宝さんは生パスタ教室をやっています。生パスタとソースを作って、試食をして、そこまでは普通のパスタ教室ですけど、食後にオプションで心理カウンセリングをしています。

 心理カウンセリングの最初の言葉はいつも、「あなたのこと何と呼ばれたいですか?」なのです。

 普段呼ばれている名前って、家族からはママ、お母さん、よその人からは名字(〇〇さん)とか、本人が呼ばれたいと思っているものとは違うことが多いんです。ホントは自分が本当に呼ばれたい名前ってものをみんな持っているのに、それを言えていない人が多いんです。

 それに、普段から心の中に溜め込んでいる黒いもの(愚痴、ひがみ、悪口)を吐き出すことなく、溜める一方ってことが多いのです。

 このお店に来た人たちは、最初は「そんなことない」「大したことない」って言ってますけど、宝さんに背中を押されて、自分の中にしまい込んでいた黒いものを吐き出すことで、何かをつかんで帰ることができるようになります。

 宝さんが言っていた、「わたし可哀想な人をやめたんです」っていう気持ち、この作品を読んだ人みんなが感じてくれるといいなぁって思います。

 1503冊目(今年41冊目)☆☆☆☆☆

« 『こといづ』 高木 正勝 | トップページ | 『想いであずかり処 にじや質店』 片島 麦子 »

心・脳・身体」カテゴリの記事

コミックス」カテゴリの記事

日本の作家 な行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『心のイタリアごはん 1』 野崎ふみこ:

« 『こといづ』 高木 正勝 | トップページ | 『想いであずかり処 にじや質店』 片島 麦子 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ