ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

お気に入りウィジェット

« 『暗殺日和はタロットで』 古川 春秋 | トップページ | 『発達障害グレーゾーン』 姫野 桂 »

『グリーン・マイル 2』 スティーブン・キング

グリーン・マイル 2

死刑囚と鼠

スティーブン・キング

Stephen King

 死刑囚舎房にやってきた囚人は、ここに長く滞在することはありません。電気椅子に送られるまでの時間をここで過ごすのです。この夏は、ネイティブアメリカンの囚人が処刑されました。

 最近、ここに鼠が現れるようになったのです。どこから入ってきたのでしょうか?人を怖がることもなく、食べ物をやるときちんと座って食べるのです。

 新しく死刑囚房へやってきたドラクロアは、この鼠をペットにしたいと言い出して、葉巻の箱を手に入れて、鼠のベッドを作ります。ミスター・ジングルズと名前も付けました。

 少しずつキングらしい、怖い場面が増えてきました。次巻はどう展開するのかしら?

1499冊目(今年37冊目)☆☆☆☆☆

« 『暗殺日和はタロットで』 古川 春秋 | トップページ | 『発達障害グレーゾーン』 姫野 桂 »

海外 小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『グリーン・マイル 2』 スティーブン・キング:

« 『暗殺日和はタロットで』 古川 春秋 | トップページ | 『発達障害グレーゾーン』 姫野 桂 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ