ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

お気に入りウィジェット

« 『プリズム』 百田尚樹 | トップページ | 『おつかれさまスープ』 有賀 薫 »

『立ち直る力』 辻 仁成

立ち直る力

辻 仁成

もし私が今悪い場所にいるのなら、それは私が道を間違えたからでしょうね。
もし私が不幸なら、たぶん自分がどこかで誤ったからでしょう。
運命のせいだとは思わない。
解決するためには、間違えた理由を恐れず知ることでしょう。(本文より)

 自分に何か悪いことが起きた時、それを誰かのせいにしたり、運が悪かったと思ったりしがちです。でも、それでは何も解決しないのです。

 たいていの場合、原因は自分自身にあるのです。それに気付かないから、またやってしまうのです。

 どうして気が付かないのか?それは自分が悪いと認めたくないからです。そして、自分は悪くないと言い続けるのです。でも、そういい続けたって何にも変わらないんです。

 他人と過去は変えられないのです。変えられるのは自分と未来。

 自分を変えられないのは、自分の可能性を信じていないってこと。自分は負け犬のままでいいって思っているってこと。

負けたと思わなければ、人は誰も負けない。
負けたと諦めたときに、人はその言葉に負けるだけだ。

 辻さんって、いろんなことがあっても、それに正面から立ち向かえる強さがあるんだなって感じました。だから、毎日を楽しく生きていられるんだなって思います。

 この本のページを開くと、いろんな言葉がわたしを力づけてくれます。いい本だなって思いました。

1515冊目(今年53冊目)

« 『プリズム』 百田尚樹 | トップページ | 『おつかれさまスープ』 有賀 薫 »

日本の作家 た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『プリズム』 百田尚樹 | トップページ | 『おつかれさまスープ』 有賀 薫 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ