ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

お気に入りウィジェット

« 『線は、僕を描く』 砥上 裕将 | トップページ | 『極彩色の食卓』 みお »

『君と読む場所』 三川みり

君と読む場所

三川 みり

 中学生の有季くんは、職場体験に図書館を選びました。隣のクラスの麻友さんも一緒に実習へ行くことになっていますが、彼女とは会ったことがないので、ちょっと不安です。

 そして、有季くんのちょっと変わった友人である七曲さん。彼は本を余りに愛する余り、家のあらゆる場所に本が積まれていて、足の踏み場もないほどになっています。そのとんでもない量の本の中から、少しずつ持って帰れと言われて有季くんは困っています。

 出会うまでは全く接点がなかったのに、読書を通じて仲良くなれた有季くんと麻友さん。まだ恋というには早いけど、何となく好意を持っているという感じが中学生っぽくてかわいいです。

 本が好きすぎてすっかり困ったちゃんになってしまっている七曲さん。「本ばっかり読んでいると馬鹿になる」って言葉が七曲さんにはピッタリですね。

 それにしても、本を愛する人って、どこかしら変わった人が多いのかしら?

 この本で紹介されていた「空白を満たしなさい」と「さがしもの」を是非読んでみようと思います。

1524冊目(今年62冊目)

« 『線は、僕を描く』 砥上 裕将 | トップページ | 『極彩色の食卓』 みお »

日本の作家 ま行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『線は、僕を描く』 砥上 裕将 | トップページ | 『極彩色の食卓』 みお »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ