ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

お気に入りウィジェット

« 『書店の棚 本の気配』 佐野 衛 | トップページ | 『13歳からの絵本ガイド YAのための100冊』 金原端人 ひこ・田中 »

『チャリング・クロス街84番地』 ヘレーン・ハンフ

チャリング・クロス街84番地

本を愛する人のための本

ヘレーン・ハンフ

Helene Hanff

 ニューヨークに住む作家のヘレーンさんは、手に入れたい古書を求めてロンドンの古書店「マークス社」へ問い合わせの手紙を出しました。マークス社は、リストの中から入手することができた何冊かをヘレーンさんへ送ってきてくれました。ヘレーンさんは、その本たちのすばらしさに感動します。感謝の気持ちと共に、再度読みたい本のリストを手紙にしたためたのです。

 ヘレーンさんとマークス社の手紙のやり取りが続きます。少しずつ本以外の話をするようになり、書店と顧客というより友達のような関係になっていくところが面白いのです。

 当時(1950年ころ)のロンドンは、様々な物が手に入れにくい状態でした。それを知ったヘレーンさんは缶詰やストッキングなどをマークス社へ送るようになりました。素晴らしい本を自分に送ってくださる方たちに報いたいという気持ちからです。マークス社の人たちは、それを申し訳なく思いながらも、ヘレーンさんの好意をありがたく受け、クリスマスにはプレゼントを送りあうような仲になっていったのです。

 本の注文以外にも手紙や写真を互いに送りあい、友情は深められていったのです。

 このような交流が20年も続き、でも実際に会うことはありませんでした。

 本当にあった、不思議なお話。

 1548冊目(今年86冊目)

« 『書店の棚 本の気配』 佐野 衛 | トップページ | 『13歳からの絵本ガイド YAのための100冊』 金原端人 ひこ・田中 »

海外 その他」カテゴリの記事

本・書店・読書・図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『書店の棚 本の気配』 佐野 衛 | トップページ | 『13歳からの絵本ガイド YAのための100冊』 金原端人 ひこ・田中 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ