ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

お気に入りウィジェット

« 『天地ダイアリー』 ささき あり | トップページ | 『介護に学ぶシニアのおもてなしマーケティング』 砂 亮介 »

『「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)』 汐街コナ ゆうきゆう

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

汐街コナ ゆうきゆう(監修)

 この本のタイトルみたいなこと考えたことありませんか?

 当事者じゃなければ「死ぬほどつらいなら辞めればいいのに」って考えられます。でも、ギリギリまで追い詰められている人には、そんなことを考える余地がないんです。この本は、その心理についてとても分かりやすく説明してくれています。

 心と身体に問題が出てきたとき、最初の危険信号は「好きなことや趣味が楽しく思えない」なのだそうです。仕事がどんなに辛くても、これがあるから生きてられるのよという「好きなこと」に心が動かなくなったら、それは要注意なのです!

 こういう心理に陥りやすい人は、真面目な人です。自分がいなくなったら「誰かに迷惑がかかる」という思い込みに支配されてしまってるんですね。「自分がいなくても何とかなる」「無理してやらなくても何とかなる」ということが分かればいいんだけれど、それをなかなか理解できないところが大きなハードルなんです。

 良くも悪くも「人は人、自分は自分」ということなんです。そんなことをしたら嫌われるかもとか、迷惑かけるかもとか考えなくていいんです!そんなことを気にする人なんてほとんどいないし、万が一いたとしても死ぬよりマシです。

 この仕事を辞めたら、もう就職できないんじゃないか?とか、次の仕事を探す余裕がないよなんていうことも、悩むことないんです。少しでも早く今の環境から逃れること、それが一番大切なんですから。

 仕事や人間関係に押しつぶされそうな人、本人も周りの人も、ぜひともこの本を読んでください。そして、辞められなくなる心理を理解することで、1人でも多くの人を助けてあげてください。

 #死ぬ辞め #NetGalleyJP

1543冊目(今年81冊目)

« 『天地ダイアリー』 ささき あり | トップページ | 『介護に学ぶシニアのおもてなしマーケティング』 砂 亮介 »

日本の作家 さ行」カテゴリの記事

日本の作家 やらわ行」カテゴリの記事

NetGalleyJP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『天地ダイアリー』 ささき あり | トップページ | 『介護に学ぶシニアのおもてなしマーケティング』 砂 亮介 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ