ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

お気に入りウィジェット

« 『上野千鶴子が聞く 小笠原先生、ひとりで家で死ねますか?』 上野千鶴子 小笠原文雄 | トップページ | 『彼方の友へ』 伊吹 有喜 »

『離島の本屋』 朴 順梨

離島の本屋

朴順梨

北は礼文島から南は与那国島、誰もが知る小笠原諸島から、地元民だけが知る家島まで、22の島で「本屋」に明かりをともす人たち

日本には6000以上の島があり、そのうちの約4000の島では人が暮らし、人口5000人以上の島には大抵、「本屋」がある(と、取材を通した実感でそう思っている)。(旅のはじめに より)

 フリーペーパー「LOVE書店!」に連載されている「離島の本屋」をまとめて、この本が出来上がっています。

 書店だけで営業している店は少なくて、新聞店や駄菓子屋、文房具屋と一緒になっている店が多いのですね。図書館のような機能を持っているお店もあって、島から帰るときに乗るフェリー内で読む本を借りたら、到着したところ(竹芝桟橋など)で本を返せばよいシステムになっていたり、本を読んで欲しいという気持ちが伝わるエピソードが沢山登場します。

 実際に取材してから、この本を出版するまでに何年か経っており、本に掲載してよいかどうかの確認の電話をすると、相変わらず元気に営業しているところもあれば、辞めてしまった店もあり。お店はあっても、当時お話をした方が亡くなっていたりというところに、ちょっと悲しさもありました。

 離島でお店を運営していくのはさぞかし大変でしょうけど、利用する側にとって、自分が住む家のそばに書店があるというのは素晴らしいことです。そして、どの書店の方もステキな人ばかりなのです!

 みなさん、これからも書店を続けていってくださいね!

 1573冊目(今年111冊目)

« 『上野千鶴子が聞く 小笠原先生、ひとりで家で死ねますか?』 上野千鶴子 小笠原文雄 | トップページ | 『彼方の友へ』 伊吹 有喜 »

本・書店・読書・図書館」カテゴリの記事

日本の作家 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『上野千鶴子が聞く 小笠原先生、ひとりで家で死ねますか?』 上野千鶴子 小笠原文雄 | トップページ | 『彼方の友へ』 伊吹 有喜 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ