ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

お気に入りウィジェット

« 『みらいのえんそく』 ジョン・ヘア 椎名かおる | トップページ | 『宮沢賢治「旭川。」より』 宮沢 賢治 あべ 弘士 »

『チャリング・クロス街84番地 続 憧れのロンドンを巡る旅』 ヘレーン・ハンフ

チャリング・クロス街84番地 続 憧れのロンドンを巡る旅

ヘレーン・ハンフ

Helene Hanff

 チャリング・クロス街84番地では、ニューヨークに住む作家がロンドンの古書店へのあこがれを募らせていたのですが、ついにロンドンを訪れることができたのです!

 実際にロンドンへ行ってみると、自分がとても有名になっていたことにビックリするヘレーンさん。いろんな人が彼女に会いたいと言って連絡してくるのです。食事へ行ったり、名所旧跡に訪れたり、書店でサイン会をしたり、想像していたよりも忙しい毎日なのです。

 英語が通じると言っても、アメリカ人のヘレーンさんにとって英国の英語はやっぱり違うものだし、思考回路がだいぶ違う感じだし、アメリカ人が見た英国人についての考察がかなり多いところが面白いのです。

 ヘレーンさんは英国に憧れがあるのだけれど、英国人のアメリカ人に対する思い込みみたいなものとの違和感があって、こういう感情って昔も今も変わらないんだなぁって思いました。

 ドレスコードについて怒っているところがかなり多くて、働く女性が世間と闘う心境がこういうところに現れるのですね。

  1561冊目(今年99冊目)

« 『みらいのえんそく』 ジョン・ヘア 椎名かおる | トップページ | 『宮沢賢治「旭川。」より』 宮沢 賢治 あべ 弘士 »

海外 その他」カテゴリの記事

伝記・日記・ノンフィクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『みらいのえんそく』 ジョン・ヘア 椎名かおる | トップページ | 『宮沢賢治「旭川。」より』 宮沢 賢治 あべ 弘士 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ