ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

お気に入りウィジェット

« 『チャリング・クロス街84番地 続 憧れのロンドンを巡る旅』 ヘレーン・ハンフ | トップページ | 『シンデレラのねずみ』 斉藤 洋 森泉 岳土 »

『宮沢賢治「旭川。」より』 宮沢 賢治 あべ 弘士

宮沢賢治「旭川。」より

宮沢賢治 あべ弘士

 宮沢賢治は大正12年8月、北海道の旭川を訪れています。早朝5時頃旭川駅に着き、昼、再び出発するまでの短い時間、辻馬車を走らせ書いた一篇の詩、それが「旭川。」です。(作品紹介より)

 旭川駅から馬車に乗って農業試験場へ向かいます。馬車が進む道の街路樹、すれ違う兵士が乗る馬のたてがみ、鳥の声、風の音、建物の美しさ、元の詩だけでは良く分からなかった景色が、この絵本ではすべてが見えてくるのです。

 きっと宮沢賢治も美しい旭川の景色を楽しんだのでしょうね。

 大人に読んで欲しい、すてきな絵本でした。

 この本を制作した、あべ弘士さんは、旭川市旭山動物園の飼育係を25年間勤め、現在は絵本作家として活躍されている方なのだそうです。この本を作るのにこれほどピッタリな方はいないですね。

 1562冊目(今年100冊目)

« 『チャリング・クロス街84番地 続 憧れのロンドンを巡る旅』 ヘレーン・ハンフ | トップページ | 『シンデレラのねずみ』 斉藤 洋 森泉 岳土 »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

日本の作家 ま行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『チャリング・クロス街84番地 続 憧れのロンドンを巡る旅』 ヘレーン・ハンフ | トップページ | 『シンデレラのねずみ』 斉藤 洋 森泉 岳土 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ