ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

お気に入りウィジェット

« 『神様がくれたピンクの靴』佐藤 和夫 | トップページ | 『「まじめ」をやめれば病気にならない』 安保 徹 »

『女の運命は髪で変わる』 佐藤 友美

女の運命は髪で変わる

佐藤友美

 昔から髪は女の命と言いますけど、女性の容姿にとって髪というのは実に重要なものです。自分では目が大きいとか肌が白いとかって所がモテるポイントだと思いがちですけど、意外と他人、特に男性は髪を見ているというのです。どんなにきれいに化粧していても、ステキな服を着ていても、髪がバサバサだったら、その女性の評価はガクっと下がります。

 髪の手入れができていないと、「やつれている」「だらしない」「疲れている」というような評価しかされません。

「顔はすっぴんがいいけれど、髪がすっぴんなのは嫌」というのが9割の男性の意見(本文より)

 どんなに良い美容液で肌を整えるよりも、ブランドの服を着るよりも、髪をちゃんとしていることの方が重要なのです。

 自分がどんな人に見られたいのか?頭脳明晰に見せたいのか?セクシーに見せたいのか?そのあたりもちゃんと考えて美容室の人と相談することが大事だというのです。

 ついワンパターンになりやすいヘアスタイルですけど、そういう気持ちで考えてみると、違うスタイルに挑戦するのもありかなって思えてきました。

 1589冊目(今年127冊目)

« 『神様がくれたピンクの靴』佐藤 和夫 | トップページ | 『「まじめ」をやめれば病気にならない』 安保 徹 »

日本の作家 さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『神様がくれたピンクの靴』佐藤 和夫 | トップページ | 『「まじめ」をやめれば病気にならない』 安保 徹 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ