ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 『あなたの脳のしつけ方』 中野信子 | トップページ | 『人体、なんでそうなった?』 ネイサン・レンツ »

『無意味のススメ』川崎昌平

無意味のススメ

川崎 昌平

意味の最大の罪は、私やあなたから、「間違える自由」を奪ったことにある。(本文より)

 日本人は間違えることを怖がるとよく言われます。間違って、それを指摘されたり、怒られたりするのが怖いから、間違えないように徹底的に調べてから行動するのだと。それって、とても悲しい作業だと感じます。間違えから学ぶことって、とても大事なことなのに、間違えるってとても重要な経験なのに。それを回避したくてしょうがない世界って、何だか嫌だなぁって思います。

もし、あなたの行為が誰かからの「それ、意味あるの?」という批評に晒されたら、こう答えよう。「違うよ、意味がないから、しているんだ」と、堂々と、胸を張ってそう答えてほしい。無意味は何の罪でもない。

 自分が好きなことって、他人にとってはどうでもいいことがほとんどです。それさえ理解できてれば、あっさりと答えられるものだと思います。「そう、無意味だよ。だけど、やりたいからやってるのさ」ってね。

生きていることに、意味はある。その意味をより輝かせるものが、無意味である。

 どんな人でも何かの意味を持って生まれてきています。でも、それを本人が分かっていないことがほとんどです。でも意味なんて分からなくていいんです。無意味であるってことは決して悪いことじゃないんだから。変な意味づけをして、それに振り回される方がよっぽど空しいのですから。

 無意味な毎日を、淡々と、静かに生きていく。それでいいじゃないですか。

 この本は 書評サイト 「本が好き!」 より献本して頂きました。どうもありがとうございました。

 1598冊目(今年136冊目)

« 『あなたの脳のしつけ方』 中野信子 | トップページ | 『人体、なんでそうなった?』 ネイサン・レンツ »

日本の作家 か行」カテゴリの記事

本が好き!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『あなたの脳のしつけ方』 中野信子 | トップページ | 『人体、なんでそうなった?』 ネイサン・レンツ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30