ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 本の要約サイト「flier」で、わたしのレビューを取り上げていただきました(佐藤優直伝! 最強の働き方) | トップページ | 『とりあえずウミガメのスープを仕込もう。』 宮下奈都 »

『また、同じ夢を見ていた』 住野よる

また、同じ夢を見ていた

住野 よる(すみの よる)

 奈ノ花さんはおませな小学生です。ちょっとクラスの中で浮いている感じで、ここに友達はいません。でも、外の世界には友達がいます。近所のアパートに住んでいる「アバズレさん」や、一軒家に住んでいる「おばあさん」そしてクロネコも。

 読書が好きな彼女は、教室にいるのが嫌になってくると図書室へ行きます。ここには「頭の悪い男子たち」はやって来ませんから。

 学校の授業が終わると、友達の所へ遊びに行きます。おやつを食べながらいろんな話をします。今読んでいる本のこと、隣の席の気の弱い男子のこと、自分の両親は仕事ばかりしていて授業参観に来てくれないこと、などなど。

 学校で「幸せとは何か」について考える時間がありました。これについて菜ノ花さんはいろいろ考えてみるのですが、どうも良く分かりません。

 いろんな出来事があって「幸せとは何か」ということが少しずつ分かってくるところが、とってもいいなぁと思いました。勉強して身に着ける知識だけじゃ分からなことが多いのよね。子供も大人も関係なく、やっぱり体験することって大事なんだなぁ。

 自分にとっての正義や正解が、必ずしも受け入れてもらえないことがあるってことを知るのは、彼女の様に早い時期の方がいいよね。大人になってからだと手遅れになっちゃうこともあるからね。

 1624冊目(今年162冊目)

« 本の要約サイト「flier」で、わたしのレビューを取り上げていただきました(佐藤優直伝! 最強の働き方) | トップページ | 『とりあえずウミガメのスープを仕込もう。』 宮下奈都 »

日本の作家 さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本の要約サイト「flier」で、わたしのレビューを取り上げていただきました(佐藤優直伝! 最強の働き方) | トップページ | 『とりあえずウミガメのスープを仕込もう。』 宮下奈都 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30