ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 『国境を越えたスクラム』 山川徹 | トップページ | 『家族という病』 下重暁子 »

『ビーナスとセリーナ』 リサ・ランサム ジェイムズ・ランサム

ビーナスとセリーナ
テニスを変えた伝説の姉妹

リサ・ランサム 文
Lisa Cline‐Ransome
ジェイムズ・ランサム 絵
James E. Ransome

飯田 藍 日本語版監修
松浦直美 訳

NetGalleyJP

 ビーナスとセリーナ、2人はいずれもグランドスラム大会で優勝経験があり、同時期に女子プロテニスランキングの1位と2位になったこともある、偉大なテニスプレイヤーです。

 でも、彼女たちが子供だった頃、テニスは白人のものでした。お父さんがコーチで、3人のお姉さんたちと一緒に子供の頃からテニスの練習に励んできました。

 ウイリアムズ家が暮らしていたのは貧しいだけでなく、ギャングたちの銃撃戦も起こるような場所だったのです。

 そんな環境でも、ウィリアムズ姉妹は練習を続け、ついに世界的なプレイヤーとなったのです。

 彼女たちの足跡を絵本という形式で紹介しているこの本、文字だけの伝記もいいけれど、こういうスタイルだと子供から大人まで楽しめていいですねぇ!

#ビーナスとセリーナ #NetGalleyJP

1693冊目(今年231冊目)

« 『国境を越えたスクラム』 山川徹 | トップページ | 『家族という病』 下重暁子 »

スポーツ」カテゴリの記事

伝記・日記・ノンフィクション」カテゴリの記事

海外 児童文学」カテゴリの記事

NetGalleyJP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『国境を越えたスクラム』 山川徹 | トップページ | 『家族という病』 下重暁子 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Livedoor Blog Roll