ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 『森崎書店の日々』 八木沢里志 | トップページ | 『谷川俊太郎詩集 たったいま』谷川俊太郎 広瀬弦 »

『アドリブ』 佐藤まどか

アドリブ

佐藤まどか

NetGalleyJP

 ユージくんは母親と二人でイタリアに住んでいます。10歳の時に大聖堂で聞いたフルートの演奏が素晴らしくて、自分もフルートをやってみたいと思ったのです。そして、これまで楽器に触ったこともなかったのに音楽院のフルート科の入学試験を受けに行ったのです。

 音楽は好きで練習したり演奏したりしている間は、ある意味とても幸せです。でも、音大に入れるか、プロになれるか、という分かれ道まで進んだ時、そこには大きな壁が立ち塞がります。練習が厳しくて音楽を楽しめなくなってしまったり、良い楽器を欲しくても経済的に無理があったり、音楽以外のことをする余裕がなくなってしまったり。いろんな障害物に行く手を阻まれそうになるのです。

 ユージくんは、自分にどれだけの才能があるのか?という点にまず悩みます。経済的に無理できないということにも悩みます。普通の学校と音楽を両立していくことの難しさにも悩み、イタリア人ばかりの中で日本人であるということにも悩みます。

 自分が感じる喜びも、悲しみも、怒りも、すべてが自分の音楽に反映するのだとしたら、悩みも音楽の糧になるんですよね。

 ユージくんが少しずつ成長していく姿が目に見えるようでした。音楽っていいなぁ!

#アドリブ #NetGalleyJP

1674冊目(今年212冊目)

« 『森崎書店の日々』 八木沢里志 | トップページ | 『谷川俊太郎詩集 たったいま』谷川俊太郎 広瀬弦 »

日本の作家 さ行」カテゴリの記事

NetGalleyJP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『森崎書店の日々』 八木沢里志 | トップページ | 『谷川俊太郎詩集 たったいま』谷川俊太郎 広瀬弦 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31