ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 『あの子の秘密』 村上雅郁 カシワイ | トップページ | 『アドリブ』 佐藤まどか »

『森崎書店の日々』 八木沢里志

森崎書店の日々

八木沢里志(やぎさわ さとし)

 恋人から「別の人と結婚する」と告げられた貴子さん。おまけに「暇なときには時々会いたい」なんて都合のいいことまで言われて、すっかり人間不信になって会社も辞めて、引きこもり状態だった彼女に、叔父さんから家に来ないか?という連絡がありました。

 あんまり乗り気じゃなかったけれど、とりあえずいってみたのが、神保町にある叔父さんの古書店でした。ここの2階にタダで住まわせてもらう代わりに、店番をするということになりました。

 そんなに付き合いがなかった叔父さんなのに、一緒にいる時間が長くなるにつれ、彼の優しさが良く分かってきます。そして、どうして彼が自分に救いの手を差し伸べてくれたのか?その理由を聞いてますます叔父さんが好きになりました。

 神保町の古書店の2階に住むってのは、ある意味わたしの理想ですねぇ!たくさんの本に囲まれて、たくさんの古書店や喫茶店がある町で暮らせるなんて、貴子さんはなんて幸せなんでしょう!

 お正月の誰もいない古書街を散歩するっていうのも、何だか興味をそそられる感じでした。

 読書にはまったら止められないよねぇ、貴子さん。

1673冊目(今年211冊目)

« 『あの子の秘密』 村上雅郁 カシワイ | トップページ | 『アドリブ』 佐藤まどか »

日本の作家 やらわ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『あの子の秘密』 村上雅郁 カシワイ | トップページ | 『アドリブ』 佐藤まどか »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31