ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 『6600万年前……ぼくは恐竜だったのかもしれない』 くすのきしげのり | トップページ | 『本屋、はじめました 増補版』 辻山 良雄 »

『最高の任務』 乗代雄介

最高の任務

乗代雄介(のりしろ ゆうすけ)

NetGalleyJP

〇生き方の問題
 主人公は2歳年上の従姉のことが好きでした。彼女は結構奔放な人で、再会した時にはシングルマザーになってました。でも、今でもステキな人でした。

〇最高の任務
 5年かかって大学を卒業することになって、卒業式なんかどうでもいいやと思っていたのに、両親から卒業式には絶対に行くのだと強要されて、いやいや行くことになったのです。

 年上の従姉に振り回される僕、数年前に亡くなった叔母に心を掴まれたままのわたし。どちらも、そこから逃れることができない感じが、妙にうっとおしいのです。

 手紙や日記に残された記憶に、どうしてそんなにも引きずられてしまうのでしょうか?別に忘れる必要はないけれど、そこまで囚われてしまったら、自分の生きる場所は何処にあるのでしょう?

 そんな、モヤモヤする気持ちが生まれた作品でした。

#最高の任務 #NetGalleyJP

1698冊目(今年3冊目)

« 『6600万年前……ぼくは恐竜だったのかもしれない』 くすのきしげのり | トップページ | 『本屋、はじめました 増補版』 辻山 良雄 »

日本の作家 な行」カテゴリの記事

NetGalleyJP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『6600万年前……ぼくは恐竜だったのかもしれない』 くすのきしげのり | トップページ | 『本屋、はじめました 増補版』 辻山 良雄 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29