ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 『最高の任務』 乗代雄介 | トップページ | 『母さんは料理がへたすぎる』 白石睦月 »

『本屋、はじめました 増補版』 辻山 良雄

本屋、はじめました 増補版
新刊書店Titleの冒険

辻山 良雄

NetGalleyJP

 辻山さんは大学を卒業した後、大型書店「リブロ」に就職しました。最初は本が好きだという気持ちだけで働いていたのですが、違う店舗へ転勤になったり、やがて店長となったりしていく中で、本に対する気持ち、書店というものに対する気持ちが大きく変わっていったのです。

 本を1人でも多くの読者へ届けたいというだけでなく、本屋という環境を楽しんで欲しいという気持ちも強くなっていったのです。

 書店を取り巻く環境が大きく変わり、リブロ池袋店が閉店となることが決まった時、個人の書店を開いてみたいと考えるようになったのです。

 そして、荻窪で「Title」という書店を開きました。

 この店をどんな店にしようかと考え、どんな本を並べるのかを考え、今日まで書店を続けています。

 カフェを併設している書店へは、いろんな人がやって来ます。意外と店内をざっと眺めただけで帰ってしまう人が多いというのは不思議です。

 たとえ気に入った本が見つからなかったとしても、本屋を楽しんでいくことってできはずなんですけど。

 本棚にどんな本が並べられているのかを眺めたり、どんな本がおススメなのかを聞いたり、ということをしない人が書店にやってくるというのは何故なんでしょうね?雑誌やwebに載った店だから行ってみたかっただけなんて悲しいなぁ。

 辻山さんの「Titleをはじめてから、より本のことが好きになった。」という言葉がステキでした。

#本屋はじめました増補版 #NetGalleyJP

1699冊目(今年4冊目)

« 『最高の任務』 乗代雄介 | トップページ | 『母さんは料理がへたすぎる』 白石睦月 »

本・書店・読書・図書館」カテゴリの記事

日本の作家 た行」カテゴリの記事

NetGalleyJP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『最高の任務』 乗代雄介 | トップページ | 『母さんは料理がへたすぎる』 白石睦月 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29