ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』 新井見枝香 | トップページ | 『店長がバカすぎて』 早見和真 »

『あつあつを召し上がれ』 小川糸

あつあつを召し上がれ

小川糸

 食べ物に関する記憶って不思議です。ずっと覚えているものもあれば、ある時突然思い出すこともあります。

 すごい御馳走だったから覚えてるってわけでもないし。その時にはどうってことなかったのに、後になって「すごいもの食べたんだっ!」て思ったり。

 この短編集の中には、いろんな思い出が詰まったおいしいものが登場するんです。「親父のぶたばら飯」なんて、絶対に食べてみたい!汚い中華屋さんのおいしいものって、いいよねぇ!

 「さよなら松茸」は、出てくるお料理がみんなおいしそうだけど、後になってこのシチュエーションを思い出しちゃうのは、ちょっと悲しいかなぁ。

 おいしい記憶があって、それを食べに行けたり、自分で再現できるようなものもあるけれど、二度と食べられないものもありますよね。でも、そういうものの記憶こそ大事だなって思います。

この7編が収められています。

  • バーバのかき氷
  • 親父のぶたばら飯
  • さよなら松茸
  • こーちゃんのおみそ汁
  • いとしのハートコロリット
  • ポルクの晩餐
  • 季節はずれのきりたんぽ

1735冊目(今年40冊目)

« 『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』 新井見枝香 | トップページ | 『店長がバカすぎて』 早見和真 »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』 新井見枝香 | トップページ | 『店長がバカすぎて』 早見和真 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31