ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 『朔と新』 いとうみく | トップページ | 『文芸オタクの私が教えるバズる文章教室』 三宅香帆 »

『某』 川上弘美

川上弘美

 彼女は自分が誰であるのかを分かっていなかった。病院の先生たちはハルカという名前を付けてくれた。そして高校へ通うことになった。自分がどこから来たのか?どんな育ち方をしてきたのか?まるで分らない。いろんなことも先生たちが設定してくれて、その通りに覚えて答えていた。

 最初、記憶喪失の話かと思っていたら、違っていました。彼女は「誰でもない人」だったのです。

 自分でも分からないタイミングで違う人になってしまう。性別も性格も年齢もドンドン変わっていく。変わってしまったら、その人として生きていく。また別の人になってしまったら、その人として生きていく。

 不思議な運命を生きているんだけど、それを辛いと思うでもなく、嫌だなと思うでもなく、淡々と毎日を生きていく「某」。

 こういう人がもしかしたら、近くに住んでいるのかもしれないけど、きっと分からないのでしょうね。

 某はこれが普通と言っているけれど、自分がそうだったとしたら、どこかの段階で辛くなってくるんじゃないかな?って思うけど、それはわたしが人間だからかな?

 それにしても、こういう設定を思いつくところが、いかにも川上弘美だなって思う。

1722冊目(今年27冊目)

« 『朔と新』 いとうみく | トップページ | 『文芸オタクの私が教えるバズる文章教室』 三宅香帆 »

日本の作家 か行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『朔と新』 いとうみく | トップページ | 『文芸オタクの私が教えるバズる文章教室』 三宅香帆 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31