ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 『モモ』 ミヒャエル・エンデ | トップページ | 『なぜ僕らは働くのか』 佳奈 著 池上彰 監修 モドロカ イラスト »

『おやすみ、東京』 吉田篤弘

おやすみ、東京

吉田篤弘

 映画会社で“調達屋”をしているミツキさん。夜だけ営業しているタクシー“ブラックバード”の運転手松井さん。深夜の電話オペレーターをしている可奈子さん。深夜だけ営業している定食屋の「ヨツカド」などなど・・・

 みんなが寝静まっている時間帯に働いている人たちが、何かのきっかけで出会って、意外な縁ができて、ちょっとずつ打ち解けていく感じがいいんです。

 それぞれ勝手に生きているようでいて、実はつながりが欲しいって思ってます。そのきっかけが見つからなくてモヤモヤしてるんだけど、ちょっとしたきっかけで話をするようになって、ずっと話したいと思っていたことを聞いてもらって、人の縁ってそんなものなんですよね。

 誰かとほのかに関わりあって生きていけたら、それで幸せが生まれます。そういう感じがいかにも吉田さんだなぁって感じ。

 12篇の話が収められていますけど、一気に読むより1篇ずつ読み進む方が、この本に合っているような気がしました。

 少しずつ楽しんでください。

1756冊目(今年61冊目)

« 『モモ』 ミヒャエル・エンデ | トップページ | 『なぜ僕らは働くのか』 佳奈 著 池上彰 監修 モドロカ イラスト »

日本の作家 やらわ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『モモ』 ミヒャエル・エンデ | トップページ | 『なぜ僕らは働くのか』 佳奈 著 池上彰 監修 モドロカ イラスト »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30