ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 「dele(ディーリー)」 本多孝好 | トップページ | 『モモ』 ミヒャエル・エンデ »

『車夫』 いとうみく

車夫

いとうみく

 吉瀬走(きつせそう)くんの父親は、事業に失敗して失踪してしまいました。家を手放して借金を返し母親とアパート暮しをしていたのですが、その母親も失踪してしまいました。たった1人残されてしまった彼は高校を中退してフラフラしていました。そんな彼に高校の陸上部のOB前平さんが、車夫にならないかと誘いに来たのです。

 走ることが好きな走くんにとって、車夫という仕事は合っていたようです。そして「力車屋」の社長夫妻も従業員も優しい人たちで良かった。

 みんないろんな過去を持って生きてるから、他人に優しくできるんだよね。そんなことを感じる作品でした。

 悲しいことがあっても、きっと楽しいことがある。辛いことがあっても、優しい人がいる。だから人は生きていけるんだよね。

 続編もあるようなので、それも是非読みたいです。

この7編が収められています。

  • 尾行にはむきません 悠木乃亜
  • 力車屋 吉瀬走
  • 日暮荘の住人 前平俊平
  • もう一回 増岡大樹
  • 信じるものは 豆木勝之助
  • たいせつなもの 神谷琳子
  • 帰るところ 吉瀬走

1754冊目(今年59冊目)

« 「dele(ディーリー)」 本多孝好 | トップページ | 『モモ』 ミヒャエル・エンデ »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「dele(ディーリー)」 本多孝好 | トップページ | 『モモ』 ミヒャエル・エンデ »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30