ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 『心を支えるシェイクスピアの言葉』 河合祥一郎 | トップページ | 『おいしくて泣くとき』 森沢明夫 »

『地獄変』 芥川龍之介

地獄変

芥川龍之介

 高名な絵師である良秀は、お殿様から地獄変の屏風を描くことを命じられます。

 良秀は想像で絵を描くことができない人なので、常に実物をスケッチしながら絵を作っていきます。そのために弟子を縛ってモデルにしたり、別の弟子はミミズクに襲われたり、自分がどれだけ酷いことをしているのかなど、ちっとも気にしない人なのです。でも、彼が描く作品は素晴らしいのです。

 屏風をほとんど書き上げたのだけど、一部分どうしても実物を見ながらでないと書けない部分があると、良秀はお殿様にお願いをしたのです。それはそれは酷いことを。

 自分が望むことのためには手段を選ばなかった良秀は、結局一番大事なものを失ってしまい、自害してしまいます。

 こういう結末になったということは、良秀にはまだ人の心があったということなのでしょうか?良秀の望みを叶えてやったお殿様は悪魔だったのか?

 人の業というのは恐ろしいものだと思うのです。

 このごろ、自分だけ良ければと思って行動している心ない人たちのことが、ニュースで良く取り上げられています。やってしまったことの大きさに驚き、そこで初めて自分の愚かさを知る人もいれば、自分がやったことを肯定することしか考えていない人もいます。

 おのれの愚かさを感じることがない人とは、ばけものか何かなのでしょうか?そんなばけものに殺されてしまうのは、まっぴらごめんです。

1805冊目(今年110冊目)

« 『心を支えるシェイクスピアの言葉』 河合祥一郎 | トップページ | 『おいしくて泣くとき』 森沢明夫 »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『心を支えるシェイクスピアの言葉』 河合祥一郎 | トップページ | 『おいしくて泣くとき』 森沢明夫 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31