ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 『ひみつがあります』 布川愛子 | トップページ | 『うまくいっている人の考え方』 ジェリー・ミンチントン »

『流星シネマ』 吉田篤弘

流星シネマ

吉田篤弘

NetGalleyJP

むかしむかし、この町には大きな川が流れていて、その川へ鯨が海から迷い込んできた(本文より)

 主人公の青年は流星新聞というタウン情報紙の編集をしています。といってもここには編集長のアルフレッドと僕しかいません。新聞の編集室には本棚があって、町の人たちの図書館のような役目もしています。

 大きな事件なんて起きないこの小さな町に、1つの言い伝えがあるんです。200年くらい前に鯨が川に迷い込んできたというのです。だから昔この辺りは鯨眠町と呼ばれていたのだと。そして、25年前にも同じように鯨が川へやってきて、そのまま死んでしまったことがあったのです。

 小さな町で、みんなのんびり暮らしてます。それぞれの好きなことを、それぞれのペースで。こんなおだやかな時間が流れていく町でのくらしって、なんだか羨ましい気がします。都会へ行って大勢の人の中で消耗してしまう人生よりも、こんな風にゆったりとした生活ができたら、無駄な悩みなんて生まれないだろうなぁって想像しちゃいます。

 #流星シネマ #NetGalleyJP

1797冊目(今年102冊目)

« 『ひみつがあります』 布川愛子 | トップページ | 『うまくいっている人の考え方』 ジェリー・ミンチントン »

日本の作家 やらわ行」カテゴリの記事

NetGalleyJP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ひみつがあります』 布川愛子 | トップページ | 『うまくいっている人の考え方』 ジェリー・ミンチントン »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31