ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 『作家の珈琲』 | トップページ | 『雨かんむり漢字読本』 円満字二郎 »

『わが家は幽世の貸本屋さん3 黒猫の親友と宝石の涙』 忍丸

わが家は幽世の貸本屋さん3
黒猫の親友と宝石の涙

忍丸(しのぶまる)

NetGalleyJP

夏織・・・幸せになって(本文より)

 人間である夏織さんが何故、幽世で暮らすことになったのか?お母さんはどんな人だったのか?にゃあさんが語る話は、いろんなことを考えさせてくれました。夏織さんを本当の親の元ではなく幽世で暮らさせようと、にゃあさんはなぜ決めたのか?東雲さんはどうして夏織さんを育てようと思ったのか?いろんな偶然と、あやかしさんたちの優しい気持ちがあったからなのでしょう。

 あやかしさんたちはみな、いろんな事情を持っています。いろんな悩みや事件があって、あやかしとして生きているのです。だからこそ、本当に心を開いた相手には優しくしてくれるのです。

 もしかしたら、人間の世界よりもずっと情が深いのかもしれません。

 文に綴られ、けれど思いが叶わなかった人の心の化身「文車妖妃」さんが水明に言った「本選びは自分と向き合うことでありんすよ」という言葉は、なかなか含蓄のある言葉でしたね。

 心をなかなか開けない水明さんでしたけど、少しずつ本来の優しさを見せてくれるようになってきました。夏織さんとこれからもずっと仲良くね!

#わが家は幽世の貸本屋さん #NetGalleyJP

1821冊目(今年126冊目)

« 『作家の珈琲』 | トップページ | 『雨かんむり漢字読本』 円満字二郎 »

日本の作家 さ行」カテゴリの記事

NetGalleyJP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『作家の珈琲』 | トップページ | 『雨かんむり漢字読本』 円満字二郎 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Livedoor Blog Roll