ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 『国道食堂 1st season』 小路幸也 | トップページ | 『かへ』 藤井慶 »

『ことばのことばっかし』 金田一秀穂

ことばのことばっかし

金田一秀穂(きんだいち ひでほ)

帽子は「かぶる」、めがねは「かける」、シャツは「きる」、ズボンは「はく」、それぞれの動作が異なるので動詞も違わせなければならない。~中略~ 「はく」は、モノをしたから上へ引き上げる動作。それに対し「かぶる」は上から下へする動作。(本文より)

 英語だったらすべて「wear」で済んでしまう動作なのですが、日本語では細かく分類されているんですよね。これ以外にもカツラ、ブラ、アンクレット、ティアラ、ヘッドフォンなどを身に着ける時、人によって違う動詞を使うことがあります。細かいことを考えなければ「つける」どいう動詞が使えますけど、シチュエーションによって動詞が変わってしまうことがあるんです。

 お芝居などでカツラ使う時には「かぶる」という表現をする人もいるし、髪の毛がないことを隠すためにつけている人だったら、カツラを使用していること自体無視しなければなりません(汗)。かんざしは「つける」のか「さす」のか?日本語は難しい~ !

 この本のサブタイトルとなっている「先生」と「教師」はどう違うのか?そんなこと、考えたことありませんでした。

 その答えは「先生は立場、教師は職業」なのだそうです。なるほど、履歴書に「教師」をしていましたと書くことはあっても、「先生」をしていましたとは書きませんものね。これは大きな違いですね。

 「病人」と「患者」はどう違うのか? なんていうのも考えてみると、ちゃんと違いがあるんです。「病人」は病気の人だけど、「患者」の場合は病人もケガ人も含まれます。そして「患者」というのは医者に対する立場でもあるんです。

 言葉って改めて考えてみると、難しいルールがあるものだったり、あいまいだったり、良くわからないものがたくさんあります。そういうものを見つけて調べてみるというのは、意外と楽しい趣味になるかもしれません。

 生きている人は「〇人」、死んだら「〇体」です。タコは一杯、蝶は一頭、鳥は一羽、ウサギも一羽、こういうルールの由来を調べるのもまた楽しですね。

1837冊目(今年142冊目)

« 『国道食堂 1st season』 小路幸也 | トップページ | 『かへ』 藤井慶 »

ことば・コミュニケーション」カテゴリの記事

日本の作家 か行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『国道食堂 1st season』 小路幸也 | トップページ | 『かへ』 藤井慶 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Livedoor Blog Roll