ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 『跡を消す 特殊清掃専門会社デッドモーニング』 前川ほまれ | トップページ | 『遥かに届くきみの聲(こえ)』 大橋崇行 »

『廉太郎ノオト』 谷津矢車

廉太郎ノオト

谷津矢車(やつ やぐるま)

第66回青少年読書感想文全国コンクールの課題図書(高等学校の部) 

 この本を読むまで、滝廉太郎という名前を聞いても「荒城の月」や「花」を作曲した明治時代の人という程度の認識しかありませんでした。でも、この作品の中で登場した「幼稚園唱歌」などを調べてみてビックリしました。

 「鳩ぽっぽ」「雪やこんこん」「お正月」(幼稚園唱歌)など、知っている曲がたくさんありました。「中学唱歌」では「箱根八里」「荒城の月。「花」は組歌『四季(花・ 納涼・月・雪)」の1曲目であるということも初めて知りました。

 15歳で 東京音楽学校(現:東京芸術大学)に入学し、ピアノと作曲を学んだ廉太郎は、若くして音楽学校の教師となり、その後ドイツへ国費留学したのですが、5か月後に結核で日本に戻ることとなり、しばらくは故郷大分で療養していたのですが、わずか23歳で亡くなってしまったのです。

Photo_20200804105801 音楽を愛し、ピアノ演奏にも作曲にも才能があった廉太郎が、音楽に触れたのは姉の影響でした。琴を弾いていた姉に手ほどきを受けて琴を弾いていると父親に男子がそんなことをするのではないと怒られるような時代だったのですが、音楽をどうしてもやりたくて、父親を説得して東京へ行くという決断をしたのは、若くして亡くなった姉の分も音楽をやりたいという強い気持ちがあったからなのかもしれません。

 姉と同じ肺結核で若くして亡くなった廉太郎、長生きしていたらもっともっと多くの作品を残して、日本の音楽がもっと違ったものになっていたかもしれません。音楽に生き、音楽に生かされた滝廉太郎という人の音楽をもっと聴いてみたくなりました。

1858冊目(今年163冊目)

« 『跡を消す 特殊清掃専門会社デッドモーニング』 前川ほまれ | トップページ | 『遥かに届くきみの聲(こえ)』 大橋崇行 »

伝記・日記・ノンフィクション」カテゴリの記事

日本の作家 やらわ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『跡を消す 特殊清掃専門会社デッドモーニング』 前川ほまれ | トップページ | 『遥かに届くきみの聲(こえ)』 大橋崇行 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Livedoor Blog Roll