ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 『ぬしさまへ(しゃばけ2)』 畑中恵 | トップページ | 『ルポ新大久保 移民最前線都市を歩く』 室橋裕和 »

『読む本で、人生が変わる。』 中谷彰宏

読む本で、人生が変わる。

中谷彰宏(なかたに あきひろ)

たくさんの付箋が貼ってある本を見ると、自分の本でなくてもうれしいです。
~中略~
付箋を貼ることによって、その本を自分のものにしているという喜びが湧いてくるのです。(本文より)

 中谷さんの本を読んでいると、いろんなところに付箋を貼りたくなります。ああ、あそこも、ここも、そうだよ、なるほど、って思いながら付箋を貼ります。そして、付箋を貼ったところの言葉を手帳やブログに書き写します。それを時々見直して、これができた、これができてないって思います。だから、中谷さんの本は読んだ時だけでなく、何度も読んだ気になります。

 何年か経って、またその言葉を見直して、そうだね、そうだったよって思います。自分がそれをできていないことに気付いて「中谷さん、ありがとう」って思うことがよくあります。

 

 この本にもたくさん付箋が付きました。それをまた見返して、ありがとうって何度も言うことになりそうです。

  • 難しい本は、頭を鍛えるために読む。
  • 本の中身より、刺激を受けたことをノートに書こう。
  • パッとあいたところが神様の啓示です。それが今、あなたが必要としているおみくじです。
  • 漢字を学ぶと、読むスピードが上がる。
  • 降りる駅を通り過ぎるのが、本を読む楽しみ。本は、時空を超越する。
  • 「面白くない」と言う人の話を聞かない。
  • ドキュメンタリー番組で興味のある人を見つけたら、その人の本を読んでみる。
  • 本を読むことのメリットは、自分が何を知っているかではなく、知らないことだらけだと気づくことです。
  • 本を読んでいる人は、本屋さんで本の上にカバンを置かない。
  • 本が、読む人を選んでいる。目の前にある本が、あなたを選んでいる。

1905冊目(今年210冊目)

« 『ぬしさまへ(しゃばけ2)』 畑中恵 | トップページ | 『ルポ新大久保 移民最前線都市を歩く』 室橋裕和 »

本・書店・読書・図書館」カテゴリの記事

日本の作家 な行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ぬしさまへ(しゃばけ2)』 畑中恵 | トップページ | 『ルポ新大久保 移民最前線都市を歩く』 室橋裕和 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Livedoor Blog Roll