ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 『絶望スクール 池袋ウエストゲートパーク XV 15』 石田衣良 | トップページ | 「くろいの」サイン本をいただきました »

『きみが、この本、読んだなら とまどう放課後編』 森川成美 高田由紀子 松本聰美 工藤純子 吉田尚令 画 

きみが、この本、読んだなら
とまどう放課後編

森川成美 高田由紀子
松本聰美 工藤純子

吉田尚令 画

・赤いコードロン・シムーン(森川重美)
 星の王子さま

 コードロン・シムーンって何だろうって思ったら、サン・テグジュペリが乗っていた飛行機だったんですね。飛行機が大好きな少年と、星の王子さまが大好きな少女の接点が、この飛行機だったんです。

 

・たそがれ時の魔法(髙田由紀子)
 コンビニたそがれ堂

 この本が大好きで、男の子にぜひ読んでと手渡す少女。ちゃんと読んでくれて、彼女の本を手元に置きたいからと、新品の本を返す少年。こんな感じがいいなぁ!

 

・走っていくよ(松本聰美)
 ポケットのはらうた
 また すぐに会えるから
 オーパル ひとりぼっち

 最近転校してきた砂川さん、ちょっと不思議な行動をする子だから、生活委員の竹内さんはクラスメートから彼女のことを見張って欲しいと頼まれちゃいました。

 

・ぬすまれた時間と金色のパン(工藤純子)
 モモ
 ふたりは いっしょ

 サッカー好きの和弥は中学受験とサッカーの間で悩んでます。そんな彼に春香が貸してくれたのは「モモ」でした。

 

 「この本読んでみて」って言ってくれる友達がいるっていいなぁ。子供の頃も、大人になってからも、そんな風に言ってくれた人はほんの数人しかいませんねぇ。同じ本を読んで、その感想を語り合うっていいなぁ。

 

1893冊目(今年198冊目)

« 『絶望スクール 池袋ウエストゲートパーク XV 15』 石田衣良 | トップページ | 「くろいの」サイン本をいただきました »

日本の作家 アンソロジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『絶望スクール 池袋ウエストゲートパーク XV 15』 石田衣良 | トップページ | 「くろいの」サイン本をいただきました »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Livedoor Blog Roll