ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 『ルポ新大久保 移民最前線都市を歩く』 室橋裕和 | トップページ | 『きいちゃん』 山元加津子 多田順 絵 »

『ライラックのワンピース』 小川雅子

ライラックのワンピース

小川雅子(おがわ まさこ)

NetGalleyJP

第9回 ポプラ ズッコケ文学新人賞 大賞受賞

 クリーニング職人のおじいちゃんと、裁縫名人のおばあちゃんの影響で、お裁縫が大好きになった六年生のトモくん。友達の間ではサッカー少年だと思われているけど、実はおねえちゃんのために裁縫をせっせとする少年でした。

 ある日出会ったリラちゃんに、ワンピースのお直しを頼まれちゃいました。彼女が余りに可愛いので思わず「やります」と言ってしまったけど、サッカーの練習とワンピースのお直しの両方をするには時間が足りないんです。どうしようと悩むトモくんでした。

 

 人間はいろんなものを好きになるんだから、男子が裁縫を好きだって、女子が釣りを好きだって、そんなこと構うわけないんだけど、男子の方が悩んじゃうのよね。彼のようにサッカーと裁縫の両方をやりたいと思っても、誰かにそれを相談するってムズカシイのねぇ。

 

 おじいちゃんが入院することになって気づいた、パンツに刺されていた名前の刺繍。あれはおばあちゃんからの愛だわね。真似して刺繍をしてみたトモくんも偉いわ。

 

 自分の好きなこと、やりたいことが見つからないって悩む人が多いけど、トモくんとリラちゃんのように、自分で見つけることができるって幸せだなぁ。大人になって、その夢はもっともっと大きくなっていくんじゃないかしら?2人がどんな大人になっていくのか楽しみだわ!

#ライラックのワンピース #NetGalleyJP 

1907冊目(今年212冊目)

« 『ルポ新大久保 移民最前線都市を歩く』 室橋裕和 | トップページ | 『きいちゃん』 山元加津子 多田順 絵 »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

NetGalleyJP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ルポ新大久保 移民最前線都市を歩く』 室橋裕和 | トップページ | 『きいちゃん』 山元加津子 多田順 絵 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Livedoor Blog Roll