ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 「くろいの」サイン本をいただきました | トップページ | 『死神の日曜日』 伊東良 »

ジャンピング・ジャック・フラッシュ

 録画してあった BS TBS の Song to Soul ”Jumping Jack Flash" を昨日観た。この曲は Rolling Stones にとって大事な転機となったものだったのね。

 

 その前に出したアルバム ”Their Satanic Majesties Request” が評判悪くて、おまけにドラッグでメンバーたちが仕事できない状態になってた時期。このままじゃ Stones 終わっちゃうよという感じだったんだね。

 

 みんな自宅でステイホーム、キースはギターの練習したりレコード聞いたりするしかできないって状態だったから、自分たちの音楽を見直す時間ができたんじゃないかって、この番組に登場した人は言っていた。

 

 そしてね、もう一つはブライアンの存在だったんだ、元々ストーンズを作った人だし、リーダーだし、メンバーたちは彼のことを最初は尊敬した目で見ていたんだけど、段々とミックとキースの才能の方が目立ってきて「ブライアンがいないほうがいいなぁ」って雰囲気になってたんだね。でも、それを言う勇気は誰にもなかったの。

 

 ある日、ブライアンが自宅のプールで死んじゃって、ついにブライアンがいないストーンズになったのね。

 

 結局 Jumping Jack Flash が、ブライアンがいた最後の曲になっちゃったわけで、ここから Stones の快進撃が始まるの。

 

 それ以降 Stones は、当時の流行りだった「愛、平和、花」とは関係ない世界で生きることにしたっていうのが、見事な展開だなって思う。そういうのは Beatlesとか他の人たちに任せておけばいいじゃない、俺たちはワルだぜっていうスタンスをここで決めたのね。

 

 Jumping Jack Flash は何度殺されても生き返る。Stone そのものだね!

« 「くろいの」サイン本をいただきました | トップページ | 『死神の日曜日』 伊東良 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「くろいの」サイン本をいただきました | トップページ | 『死神の日曜日』 伊東良 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Livedoor Blog Roll