ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

本・書店・読書・図書館

2016年を振り返って(読書篇)

ノンフィクション

日本奥地紀行 道程:オリバー・サックス自伝 人間晩年図巻 1990-94年 音楽嗜好症 あなたの体は9割が細菌

○フィクション

思い出トランプ サブマリン

○コミックス・その他

死神さんとアヒルさん
きのう何食べた?12

 今年読んだ本は101冊。目標の100冊は達成することが出来ました。

 その中から 9冊をリストアップしてみました。

○ノンフィクション
 とにかく人間というのは不思議なものです。意図しての行動、無意識の行動、それを追っていくと結局は脳に行きつくのだと確信しています。

 そして、自分の知らないことをトコトン追及していこうとする人間にとても魅力を感じています。100年前も現代も、いつの時代にも凄い人がいることに驚き続けていきたいと思います。

○フィクション
 やっぱり伊坂幸太郎氏は面白い!そして久しぶりに読んでみた向田邦子は奥深い!

○コミックス・絵本

 「きのう何食べた?」の2人は、歳を重ねるとともにいい味が出てきてます。こういう信頼感のあるパートナーとの生活はステキだわねぇ!

 「死神さんとアヒルさん」 いつの日か、こういう死神さんがわたしの前にやって来たらいいのにね。

『世界の不思議な図書館』

世界の不思議な図書館

アレックス・ジョンソン

続きを読む "『世界の不思議な図書館』" »

『知って得する図書館の楽しみかた』 吉井潤

知って得する図書館の楽しみかた

吉井潤

続きを読む "『知って得する図書館の楽しみかた』 吉井潤" »

『本の逆襲』 内沼晋太郎

本の逆襲

内沼晋太郎

続きを読む "『本の逆襲』 内沼晋太郎" »

2015年を振り返って(読書篇)

○ノンフィクション

ヒップな生活革命 本を読むときに何が起きているのか 依存症 反応しない練習

○フィクション

キャプテンサンダーボルト 心臓異色 ラスト・ワルツ

○コミックス・絵本

ぼくのニセモノをつくるには 弱虫ペダル 8

 今年読んだ本は83冊。今年はあまり本を読めず残念です。

 その中から 9冊をリストアップしてみました。

○ノンフィクション
 ここ数年、「ジェンダー」と「固定観念」に注目してきたのですが、2015年に追加された気になる項目は「依存」です。

 昔は本人がだらしないからということで済まされてきた「依存」の本当の原因は違うのだということが衝撃でした。自分と他者との信頼関係のなさが依存を招くということは、これもまた大きな「心の問題」だと知ることができました。

○フィクション
 今年も何冊も上梓されている伊坂幸太郎氏ですが、阿部和重氏と二人で書いた「キャプテンサンダーボルト」は、いつものようでもあり、いつもと違う所もあり、とても楽しめる作品でした。

 ラスト・ワルツは、結城中佐のカッコ良さにまたまたシビレてしまったのです。

 心臓異色が描く近未来の世界に、子供の頃に読んだ星新一の世界を思い出してしまいました。

○コミックス・絵本
 「ぼくのニセモノをつくるには」の作者 ヨシタケシンスケさんの作品はどれも面白いのです。この本は子供よりも大人の方が喜びそうな本じゃないかしら?

 シリーズで読み続けているコミックスはいくつもありますが、今年はそこに「弱虫ペダル」が増えました。仲間と走ることを愛する坂道クンが、日々進歩していくところがとってもステキです。

 読みたい本がたくさんあるのに、それを読む前に別の読みたい本が増えてしまうのって、ジレンマでもあり、楽しみでもありますね。これからもいろんな本を読んでいきたいな~!

『本を読むときに何が起きているのか』 ピーター・メンデルサンド

本を読むときに何が起きているのか

ピーター・メンデルサンド
フィルムアート社

続きを読む "『本を読むときに何が起きているのか』 ピーター・メンデルサンド" »

『バカになるほど、本を読め!』 神田 昌典

バカになるほど、本を読め!
神田 昌典
PHP研究所

続きを読む "『バカになるほど、本を読め!』 神田 昌典" »

ヒップな生活

○ノンフィクション

「やりがいのある仕事」という幻想 (朝日新書) 監察医の涙 嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え 異国トーキョー漂流記 (集英社文庫) リオとタケル 街の人生 独学という道もある (ちくまプリマー新書)

○フィクション

Photo 首折り男のための協奏曲 トーキョー・プリズン (角川文庫) 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 想像ラジオ

○コミックス・絵本

きのう何食べた?(9) (モーニング KC) パンダ銭湯 マッチ箱日記

 今年読んだ本は123冊。今年後半にあまり本を読めなかったのが残念です。

 その中で、これはヨカッタ~と思えた15冊をリストアップしてみました。

○ノンフィクション
 今年気になったのは「ジェンダー」と「固定観念」です。これまで常識だと思っていたことが、実はただの思い込みだったとか、知らないことに対する恐れだとか、つまらないことに囚われてしまっていることの多さに唖然としてしまうことが多かったこの1年でした。

○フィクション
 今年出版されたものも、かなり昔のものも、同じように楽しめるのが読書の素晴らしいところです。いつも想像の翼を広げて生きていきたいと思います。

 本を読むということを忘れてしまうと、自分という人間が薄っぺらになってしまうような気がするのです。

 楽しい本と戯れることも、難しい本と格闘することも、わたしという人間を作り上げるために大切なことだと思う今日は、2014年12月31日です。

トラックバック先
苗坊の徒然日記
活字の砂漠で溺れたい

続きを読む "ヒップな生活" »

『喰らう読書』 荒俣 宏

続きを読む "『喰らう読書』 荒俣 宏" »

『代官山オトナTSUTAYA計画』 増田宗昭

代官山オトナTSUTAYA計画
復刊ドットコム (2013-05-28)

続きを読む "『代官山オトナTSUTAYA計画』 増田宗昭" »

より以前の記事一覧

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ