ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『病気にならない生き方』 新谷弘実 | トップページ | 矢祭町に図書館を! »

『中村屋のボース』 中島岳志

 新宿中村屋のインドカリーはとても有名ですが、これを中村屋が作ることになったきっかけを作ったラス・ビハリ・ボース氏のことは余り知られていません。実はこの方、戦前の日本ではかなり有名な方だったらしいのですが、わたしはこの本で始めてこの方のことを知りました。

 ボース氏が生まれ育った頃のインドは、英国の植民地として虐げられた生活を強いられていました。当時の総督であった「ハーディング爆発未遂事件」の実行犯としてイギリスから指名手配されたボース氏は、日本へ逃げて来たのです。

 そんな彼をかくまったのが、新宿中村屋の社長夫婦、相馬愛蔵と黒光です。警察からインド人革命家2人を救った「ボースとグプターの神隠し」は当時の日本で大きな話題となったのだそうです。

 結局その後の30年余りを日本で過ごしたボース氏ですが、とても日本を愛してらしたんですね。でも、英国と同じように帝国主義を突き進む日本へ対して複雑な気持ちを持たれていたのでしょうね。

 こんな歴史があったということを知ることができて良かったという思いと、日本ってどうしてこういう国なのかなぁ?という思いが湧いてきて、複雑な気持ちになってしまいました。

« 『病気にならない生き方』 新谷弘実 | トップページ | 矢祭町に図書館を! »

伝記・日記・ノンフィクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『中村屋のボース』 中島岳志:

» 中村屋のボース/中島 岳志 [読書発電所]
 銀座木村屋と並び称される新宿中村屋。 あんぱんと言えば木村屋、クリームパンと言... [続きを読む]

« 『病気にならない生き方』 新谷弘実 | トップページ | 矢祭町に図書館を! »