ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

  • 本が好き!
  • NetGalleyJP
    プロフェッショナルな読者
    グッドレビュアー 100作品のレビュー 80%

« 『マイナス・ゼロ 改訂新版』 広瀬正 | トップページ | ウサイン・ボルト 100m、200mを世界新で制する »

『アドルフに告ぐ』 手塚治虫

 オリンピック開催中くらいは、戦争を停止しようという約束を、今回は守れないまま大会が始まってしまいました。どうして人類は戦争を止めることができないのでしょうか?

 この物語の時代は、ナチス・ドイツが台頭し、まさに第二次世界大戦が始まろうとしていた頃です。

 在日ドイツ領事の父と日本人の母の間に生まれたアドルフ、近所のパン屋の息子でユダヤ人のアドルフ、2人は子供のころにはあんなに仲良かったのに、時代が彼らを引き離していくのです。

 世の中の大きな流れに流されてしまい、自分が信じていることと正反対の方へ流されてしまうことの怖さが、作品全体に溢れています。「そっちへ行ってはいけない」と分かっていても、どうすることもできない世界に生きなければならなかった彼らはどれほど悩み続けたのでしょうか。

 戦争の原因はいつも「民族」そして「イデオロギー」です。隣人と自分が違うのは当たり前なのに、力で相手を支配しようとするところから争いが起きてしまいます。

 戦争によって傷つくのは、いつもイデオロギーとは関係のない普通の人々です。戦争の愚かさ、悲しさをみんなで考えることによって、戦争を無くしていこうというのが手塚さんの願いだったのだと、わたしは思うのです。

915冊目(今年98冊目)☆☆☆☆☆

« 『マイナス・ゼロ 改訂新版』 広瀬正 | トップページ | ウサイン・ボルト 100m、200mを世界新で制する »

コミックス」カテゴリの記事

日本の作家 た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『アドルフに告ぐ』 手塚治虫:

« 『マイナス・ゼロ 改訂新版』 広瀬正 | トップページ | ウサイン・ボルト 100m、200mを世界新で制する »